日本一やさしい戦略的マーケティングの実践教科書BLOG

【動画】マーケターとしての成長プロセスとは?未経験・入門者の特徴

 
この記事を書いている人 - WRITER -
久 野 高 司
詳しいプロフィールはこちら

どうも~! 働くすべての人が使える『みんなのマーケティング論』を研究し、中学生にも分かるコトバと事例で発信している ひさの@kachi_kobo2) です!

ひさの

 

前回は、営業もエンジニアも人事もすべての人はマーケターであるべきと題して、働いていてマーケティングが関係ない人なんていないから、あなたも既にマーケターですよ!・・・みたいな内容でした。

 

今回は、マーケティングを学んだことない、意識して実践したことのない未経験者・入門者がマーケティング観点でどのような特徴があって、どのような課題があるのかについて動画にしてみました。元ネタは、佐藤義典氏の「達人マーケターへの道」という連載です。(面白いので興味あったらググってみてね)

 

この動画を見ると分かること
この動画を見れば、未経験、入門者レベルのマーケターの特徴と課題が分かります。あなたの現在のマーケターレベルを把握して、ステップアップしていく為にお役立てください。

 

未経験・入門者の特徴

※再生速度を変えたい場合はコチラ参照

 

前述の元ネタの中で、マーケター入門者は全体の6~7割くらい定義されています。その特徴は、 お客様の視点がない・・・ということですね。自分の作りたいモノを作って、自分の売りたいものを売っている状態です。

 

 

製品を開発担当、営業担当、仕入れ担当、コピーライターでも、マーケター入門レベルの人は、お客様の視点がなく、自分がどう思うか?自分がどうしたいか?を起点に考えます。お客様にとってどう良いか?という視点がないので、数を打てば売れることがあったとしても再現性がありません。

 

 

誰しも最初は未経験者・入門者です。ここから、はじまり経験と失敗を乗り越えて成長していくと書かれています。そんな訳て、未経験者・入門者がステップアップしていくために、次回以降は初級レベルの特徴について解説していきたいと思います。お楽しみに🎵

 

入門者レベルについて詳しくは動画でどうぞ!

ひさの

 

この記事を書いている人 - WRITER -
久 野 高 司
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です