難しい話が苦手な人の為の「マーケティングの教養」ブログ

顧客ニーズを明確にする意外な方法!〇〇が分かればニーズが見える!

Qちゃん
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Qちゃん
詳しいプロフィールはこちら

マーケティング講師のQちゃんです!プロが使う難しい理論よりも、誰もが使える基礎を超分かりやすく!って趣旨で、マーケティングの教養や基礎的な考え方を図解化して、専門用語を使わず、分かりやすさ重視で発信してます!

Qちゃん

どんなマーケティング活動でも、お客様が期待している価値=顧客ニーズを正確に掴むことが大事です。 ニーズが分かれば、それに合った商品開発や情報発信ができるからです!

 

でも、そんなに簡単なことではないですよね?そんなわけで、今回は見えにくい顧客ニーズをある意外な方法で見つけられるという内容です。

 

最後まで見ると分かること
お客様のニーズは〇〇という意外な方法で推察することできる。しかも、それほど難しくなスグに取り入れられるものなので、是非参考にしてチャレンジしてみてください。

 

顧客ニーズを明確にする意外な方法

※再生速度を変えたい場合はコチラ参照

 

より詳しく動画で解説しているので、動画でご覧になりたい方はこちらからどうぞ!文章でざっくり理解したい方は、このまま読み進めてください。

 

競合が分かればニーズが分かる

 

結論から言うと、競合を理解することが出来れば、お客様が求めている価値が分かります。ここでいう競合は、一般的に言われている同じ業種や同じ商品・サービスのカテゴリーではなく、お客様が何かの価値を求めるときに、そのお客様の頭の中で考える「別の選択肢」が競合です。

 

同じ使い方が出来る別の選択肢が競合

例えば、喫茶店で仕事の打ち合わせや勉強・読書をしたいと考えている人のニーズは、打ち合わせや勉強・読書に使えるような空間です。そして、そのお客様が考える競合は、同じように打ち合わせや勉強・読書ができる空間となります。例えば・・・

 

  • 貸し会議
  • コワーキングスペース
  • 図書館(読書なら…)
  • カラオケボックス
  • ファミレス 等々…

 

なぜ、競合するのか?

なぜ、別の業種や商品・サービスと競合するのかと言えば、同じ価値を提供しているからです。ここで言う同じ価値とは、打ち合わせや勉強・読書ができる空間のことですね。

 

手段(商品・サービス)は違えど、提供している価値が同じだから競合するのです。ということは、自分がどんな価値をお客様に提供しているのか?言い換えるなら、どんな価値としてお客様に受け取ってもらっているのかは、競合が分かればある程度推察することができるのです。

 

マクドナルドの競合は?

 

ここで少し頭の体操です。あなたが以前マクドナルドに行ったときのことを思い出してみてください。どんなシチュエーションで何のために行ったか思い出してみてください。良いですか?

 

次に、そのマクドナルドが仮に使えなかった場合、その時、その場所であなたは別の選択肢としてどこに足を向けたでしょう?少し考えてみてください。

 

人によって競合が変わる

マクドナルドのような大衆向けサービスの場合、人によって別の選択肢が変わります。それは、様々な価値を提供しているからです。マクドナルドが使えなかった場合、代わりにどこに行くか?例えば…

 

  • スタバや図書館に行く
  • コンビニや弁当屋に行く
  • モスバーガーに行く
  • 別のマクドナルドに行く 等々…

 

人によって、マクドナルドに期待している価値が違うので、それぞれ「別の選択肢」=「競合」も変わります。

 

  • スタバ・図書館 → 読書などできる落ち着ける場所
  • コンビニ・弁当屋 → 持ち帰りの手軽な食事
  • モスバーガー → なんかバーガー系の食事
  • 別のマクドナルド → ハッピーセットなど特定の商品目当て

 

というように、競合が分かるとある程度、お客様が何を求めていたかを推察することが出来ます。

 

正面から聞いてもムダ

 

勘の良い方なら気付いたと思いますが、これって一生懸命に想像妄想しても分かりっこありません。別の選択肢がどこだったかのかというのは、お客様の頭の中になるものなので、極論お客様に聞かないと分かりっこないのです。

 

 

でも、そのまま正面から「うちの競合どこですか?」と聞いても意味はありません。競合という言葉を使ってしまうと、別の選択肢ではなく、同じ業種や商品・サービスのカテゴリーが思い浮かんでしまうからです。

 

なので、正しい聞き方としては、「うちがなければ、代わりにどこを利用したか?」という比較の質問にしなければいけません。これは、アンケート用紙で聞いても良いですし、ヒアリングや何なら世間話ついでの立ち話で聞いてみるのも良いでしょう。

 

どんな方法でも良いので、お客様のことを理解するのがマーケティングの根源です。お客様のことを理解する為の手間や面倒・コストを惜しまないようにしましょうね。

 

動画ではもっと詳しく解説しているので、良かったら併せてご覧になってみてください!

Qちゃん

 

この記事を書いている人 - WRITER -
Qちゃん
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。