難しい話が苦手な人の為の「マーケティングの教養」ブログ

4P分析・マーケティングミックスを小学生に分かるように解説してみた

Qちゃん
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Qちゃん
詳しいプロフィールはこちら

マーケティング講師のQちゃんです!プロが使う難しい理論よりも、誰もが使える基礎を超分かりやすく!って趣旨で、マーケティングの教養や基礎的な考え方を図解化して、専門用語を使わず、分かりやすさ重視で発信してます!

Qちゃん

マーケティングに関心ある人、学ぶ人は多いと思いますが、専門用語の難しさにハードルを感じる人もまた多いですよね。そんなわけで今回は、マーケティング入門書などにも必ず書いてある『4P分析=マーケティングミックス』について図解を使って解説していきます。

 

最後まで見ると分かること
最後まで見てもらえると、マーケティングを勉強したり、実践したりするうえで必ず出てくる4P分析/マーケティングミックスの考え方がよく分かります。マーケティング理論を学びたい方、学んだけど今一つ分からないという方にオススメです。

 

4P分析を小学生でも分かるように解説!

最初に言っとくと、結構長めです。サクサク読めるように書いてるつもりですが、そもそも文字読むのめんどい!!!ってご立腹の方は、動画でも同じ内容を解説しているので、一番下の動画をごらんください。文章で読みたい方はこのままどうぞ!

 

さて、4P分析とは、 商品・価格・顧客接点・情報提供といったターゲット顧客に対して価値を提供する為に、コントロールできる要素のことを指す、狭い意味でのマーケティングになります。(広い意味のマーケティングは前回のSTP戦略も含む)

 

 

無限にあるようなマーケティング施策・打ち手も、大別すると以下の4つしかありません。4P分析とはその4つの単語の頭文字を取ったもので、政治・経済・文化・テクノロジーといった外部環境とは違い、自分である程度コントロールすることができるものです。

 

  • Product (プロダクト)→ 提供する商品・サービス
  • Price(プライス)→ 対価として設定する料金
  • Place(プレイス)→ お客様へアクセスする接点
  • Promotion(プロモーション)→ 価値を伝える為の情報提供

 

同じ方向に向ける

 

この4つのPは、それぞれ「とりあえず在ればOK」みたいなものではなく、同じ方向(ターゲット顧客の課題解決等)に向けて一貫性をもって混ぜ合わせるみたいな雰囲気から『マーケティングミックス』とも呼ばれています。

 

あ、ちなみに、4Pとマーケティングミックスは同一の言葉として覚えてしまって構いません。

 

同じ方向に向けると相乗効果が起こる

 

同じ方向に向ける感じを図解化してみると、こんな感じです。これが出来ていないと、受け取る相手(お客様)には伝わらず、効果は半減します。

 

例えば、高級な箱に入った焼き菓子(売り物)が、微妙に高い値段(売り値)で、高級食品を扱う百貨店(売り場)で、手で殴り書きしたような看板(売り方)のお店で売ってたら、なんか気持ち悪いじゃないですか。

 

高級な焼き菓子を、それなりの価格で、品位の高い店舗で、上質な看板や店頭の雰囲気といった情報提示をするから、売れるんです。受け取る相手は商品だけではなく、価格や売られている場所、情報の提示の仕方を総合的に判断して「高級な商品」として認知するからです。

 

余談ですが、そうやって すべて一貫したメッセージを受け取った人が、一定の印象を受けるようにコントロールすることをブランディングと言います。

 

だいたいこうなる・・・

 

でも、だいたいこんな感じにバラバラになります。口で言うのは簡単ですが、すべて同じ方向に向けるのは案外むずかしいのです。

 

こうなってしまうと、どこがブレているか、何が足りないのか分からなかったりするので、そういうときには「あ、そういや4P全部いるんだったな」って思い出してもらえると少しは改善しやすいんじゃないかと思います。しらんけど・・・

 

 

じゃあ、最後。なんでこうやってブレてしまうのか?

それは経営者のナイスアイデア(思いつき)だったり、先輩経営者のアドバイス(自分の経験談)だったり、本やセミナーの受け売り(一般論)だったり、競合他社のマネ(危険なベストプラクティス)だったり色んな理由がありますが、根っこの問題は戦略がないからです。

 

4Pの前にSTP

 

マーケティングの入門書なんか読むと、4Pの他に必ず、STPというのが出てきます。言葉自体は覚えなくても良いですが、つまりはどんな人相手にどんな強みを活かすかということを考える戦略の考え方です。

 

ほぼ100%、4Pの前に出てくるのですが、それはSTPが決まってないと4Pが作れないからです。つまり、どんな人相手にどんな強みを活かして戦うかが決まってなければ、売り物・売り値・売り場・売り方という要素が決められないからです。

 

 

さっきの「高級な焼き菓子」の例にしてもそうです。例えば・・・

 

  • 女性に贈り物をしたい男性
  • 取引先のお土産にしたい営業
  • 結婚のご挨拶に持っていきたい男性
  • 海外の人に和の贈り物をしたい日本人

 

みたいに、誰がどんな風に使いたいのか分からなければ、商品のコンセプトも決まらないし、どこでどんな価格で販売すればよいかも決まんないですよね。

 

STPに解説については、STP戦略とは?小学生でも分かるマーケティング用語解説!という記事でこれまた丁寧に解説してみたので、ちょっと曖昧な方は必ずお読みください。超絶クリアになるはず・・・はずなので(笑)

 

 

この記事のまとめ

いかがでしたか?ほんとに小学生が分かるかは知らんけど、うちの小3の息子にも分かるように書いてみたつもりです。少なくともコレを読んでくれている20代以上の大人の皆さまには分かっていただけると信じてます(笑)

動画では更に詳しく解説しています。良かったら併せてどうぞ~!

Qちゃん

※再生速度を変えたい場合はコチラ参照

この記事を書いている人 - WRITER -
Qちゃん
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。