日本一やさしい戦略的マーケティングの実践教科書BLOG

【動画】STP戦略とは?小学生でも分かるマーケティング用語解説!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
久 野 高 司
詳しいプロフィールはこちら

どうも~! 働くすべての人が使える『みんなのマーケティング論』を研究し、中学生にも分かるコトバと事例で発信している ひさの@kachi_kobo2) です! 今日も動画の更新情報です!!

ひさの

 

マーケティングに関心ある人、学ぶ人は多いと思いますが、専門用語の難しさにハードルを感じる人もまた多いですよね。

 

今回の動画では、マーケティング入門書などにも必ず書いてある『STP戦略』について、小学生も分かるように図解を使って、分かりやすく解説していきます。STP理論は、お客様に選ばれる理由をつくるための考え方で、マーケティンの神様と呼ばれるフィリップ・コトラー氏が考案した戦略理論です。

 

この動画を見ると分かること
この動画を見れば、マーケティングを勉強したり、実践したりするうえで必ず出てくるSTP理論の考え方・どういう意味があって使うのかが分かります。マーケティング理論を学びたい方、学んだけど今一つ分からないという方にオススメです。

 

STP理論を小学生でも分かるように解説!

※再生速度を変えたい場合はコチラ参照

 

STP理論は以下の単語の頭文字を取ったもので、実際に3つの分析から成り立っており、以下の順番で考えていきます。

  • Segmentation (セグメンテーション)→ 分けること
  • Targeting(ターゲッティング)→ 狙うこと
  • Positioning(ポジショニング)→ 立ち位置を決めること

 

動画では、ジュース屋さんをやる場合を例に、図解を使ってSTP戦略の意味、考え方について解説していきます。

 

 

詳しは動画でどうぞ!

ひさの

 

この記事を書いている人 - WRITER -
久 野 高 司
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です