社会人の教養!実戦的マーケティング思考の教科書ブログ

【動画】自分らしく働く!生きる!その為にマーケティング思考が役立つ話

 
この記事を書いている人 - WRITER -
久 野 高 司(Qちゃん)
詳しいプロフィールはこちら

どうも~! 働くすべての人が使える『みんなのマーケティング論』を研究し、中学生にも分かるコトバと事例で発信している ひさの@kachi_kobo2) です!

ひさの

 

自分らしく働きたい!自分らしく生きたい!と、そう考える人が増えてきています。せっかく人生の時間を使って働くなら、楽しくない仕事より楽しい仕事の方が良いですし、自分を殺して働くよりも自分らしく働きたいと考えるのも当然かもしれません。

 

今回は、そういった働き方・生き方を目指す上でマーケティング思考が役立つというお話です。マーケティングと聞くと事業戦略のように聞こえますが、個人の働き方においてもマーケティングの考え方は非常に有益です。

 

この動画を見ると分かること
この動画を見れば、自分らしく働くというのは、どういう状態か?それを実現するために、マーケティングがどう役立つのかということが分かります。

 

自分らしく働くためにマーケティングが役立つ

※再生速度を変えたい場合はコチラ参照

 

自分らしく働くというのは、明確な定義がある訳ではありませんが、僕は人の評価に左右されずに(参考にはする)自分の軸をもって仕事をする状態だと考えています。

 

ここでいう仕事というのうは、報酬の伴う労働だけではなく、社会との関わり合いの中で行う価値交換すべてです。つまり、働いて金銭を得るだけじゃなく、賞賛の言葉や、感謝、信頼、新たな仕事など、あらゆる価値の交換です。自分の家の畑で育てた大根と、隣の家の畑で育てた玉ねぎを交換するとかも入ります。

 

 

自分らしく働く為には、自分の軸をもっているだけでは不十分です。

 

自分の軸を持って、社会との関わり合いのなかで価値交換しなければ、それは自己満足に終わる継続することが難しくなることが多いからです。反対に、自分の軸で人に喜ばれて報酬を得られることが出来れば、更に大きな自信につながり、提供する価値も大きくしていくことが可能になります。

 

しかし、人によって評価する価値が違うことも忘れていけません。ある人にとっては価値があることでも、別のある人にとっては価値のないものということは今の世の中、往々にしてあります。

 

だからこそ、マーケティングの考え方を使って、自分らしく働き提供できる価値を喜び評価してくれる人は誰なのか?その人が期待する価値・ニーズは何なのか?その期待以上の価値を提供する為に自分に出来ることは何か?こういった考え方をしていくために、マーケティンの知識・考え方というのはとても有効です。

 

詳しくは動画でどうぞ!

ひさの

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です