社会人の教養!実戦的マーケティング思考の教科書ブログ

【動画】図解で解説!お客様が買わない理由を先回りして潰す方法

 
この記事を書いている人 - WRITER -
久 野 高 司(Qちゃん)
詳しいプロフィールはこちら

どうも~! 働くすべての人が使える『みんなのマーケティング論』を研究し、中学生にも分かるコトバと事例で発信している ひさの@kachi_kobo2) です!

ひさの

 

商品・サービスを購入しようとした瞬間に「購買を妨げるチカラ」が発生します。専門用語で知覚リスクというらしいですが、用語自体は覚えなくて全然いいです。

 

そんな訳で、今回は、購買心理を力学的に考えて、お客様の買わない理由・不安を先回りして潰す方法について図解で分かりやすく解説しています。

 

この動画を見ると分かること
この動画では、知覚リスクと呼ばれるお客様が購入時に抱く不安について解説し、その対策方法について触れています。商品・サービスが売れない際には、もしかしたらコストをかけずに出来ることが沢山あるかもしれませんよ!

 

 

購入を後押しする力と購入を妨げる力

 

商品・サービスの価値を期待し購入を考える際には、必ず逆方向の購買を妨げるチカラが発生します。この購買を妨げるチカラが大きく期待するチカラより勢力が強い場合には買ってもらうことはできません。

 

そこで、あらかじめ対策を講じることによって、不安を小さくし購入してもらいやすくするというのが今回の話です。

 

購買を妨げる6つのチカラ

 

商品・サービスを購入を妨げるチカラは以下の6つのうちのいずれか、もしくは全部によって生まれます。これらの不安が集まったものが購入を妨げるベクトルが大きくなるというイメージです

  • 機能的な不安
  • 身体的な不安
  • 心理的な不安
  • 金銭的な不安
  • 社会的な不安
  • 時間的な不安

 

これら、1つ1つの不安に対して、お客様は自分から進んでお店に来店して尋ねたり、問い合わせてくることよりも、黙って去っていくケースの方が多いのです。

 

なのでお客様が抱く不安をあらかじめ先回りして潰しておくという対応策が必要になります。その具体的な方法については動画の中で解説しておりますので、詳しく知りたい方はぜひ動画で続きをご覧ください。

 

続きは動画でどうぞ!

※再生速度を変えたい場合はコチラ参照

 

動画の後半で、先回りして潰す為のアイデアを解説しています。詳しは動画でどうぞ!

ひさの

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です