社会人の教養!実戦的マーケティング思考の教科書ブログ

顧客はドリルではなく穴が欲しい!レビットのマーケティング定義を解説

 
この記事を書いている人 - WRITER -
久 野 高 司(Qちゃん)
詳しいプロフィールはこちら

どうも~! 働くすべての人が使える『みんなのマーケティング論』を研究し、中学生にも分かるコトバと事例で発信している ひさの@kachi_kobo2) です!

ひさの

 

人によって定義や解釈の異なるマーケティングの定義。偉い人や権威ある機関はマーケティングをどのように定義しているのか?

このシリーズではそれぞれ比較しながら、マーケティングの本質に迫っていきます。第三弾はマーケティングに大きな影響を与えたコトラーと並ぶ巨匠の1人。「セオドア・レビット」の定義です。

 

この動画を見ると分かること
この動画では、日本ではコトラーやドラッカーほど有名ではないけど、マーケティングの本質を貫き現代まで続く大きな影響を与えたセオドア・レビットのマーケティング定義について解説していきます。

 

以下のような方におすすめです。

  • レビットのマーケティングが気になる
  • マーケティングの定義をちゃんと知りたい

 

他の定義もまとめて読みたい人はコチラをどうぞ

 

セオドア・レビットの定義

 

レビットの定義もドラッカーのマーケティング定義と同じくらいシンプルです。顧客をつくることとありますが、これは単にお客様を増やそうということではなく、自分の強みが活きて価値を評価してくれる「ファン」を増やそう!というお客様を選ぶことに対して定義を向けています。

 

■ レビットってどんな人

セオドア・レビットは、コトラーやドラッカーに比べて日本ではそこまで有名じゃないかもしれません。「企業の最も重要な資産は顧客である」という有名な言葉を残しています。日本でも「火事があったら顧客台帳を持って逃げろ!」という言葉がありますが、繋がりの深いお客様を重視する考え方は同じですね。

 

マーケティングは販売戦略の1つではなく、すべての事業プロセスを通して「顧客を創造」していく活動であり経営そのものであるという定義をしたセオドア・レビット。作れば売れる時代に、顧客との関係性や顧客にとっての価値の重要性を喝破し、「顧客が欲しいのは、ドリルではなく穴である」という有名な格言を広めた方でもあります。

 

動画で見たい方はこちら

※再生速度を変えたい場合はコチラ参照

有名なドリルと穴の格言にも触れながら、レビットのマーケティングの捉え方を解説していきます。詳しくは動画でどうぞ!!

ひさの

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です