社会人の基礎教養!実戦的マーケティング思考の教科書

【図解】差別化・USPなくマーケティング活動しても競合に埋もれる!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
久 野 高 司
詳しいプロフィールはこちら

どうも~! 働くすべての人が使える『みんなのマーケティング論』を研究し、中学生にも分かるコトバと事例で発信している ひさの@kachi_kobo2) です!!

ひさの

マーケティングの教養がないと、起業した!事業始めた!新製品つくった!・・・よし宣伝だ!!というように、見切り発車で時間やお金や労力を無駄に使ってしまうパターンに陥ることがとても多いですよね。

 

タイトルの通り、USP*や差別化が出来ていないまま、それをやっても効果は薄く、消耗は激しいです。今回は、そんなUSP・差別化がなければ埋もれてしまう状態と、埋もれずに見つけてもらって選んでもらえる状態 それぞれ図解を使いながら体感的に分かるように解説していきます。

 

 

少しマーケティングを勉強したことある方だと、USPという言葉を使った方がピンと来るかと思ってあえて使いました。USPとは、「ユニーク・セリング・プロポジション」の略で自分独自のウリを簡潔にまとめたものと思ってもらえれば良いです。別に覚えなくていいです。

ひさの

最後まで見ると分かること
最後まで見れば、なぜUSP・差別化コンセプトがないとどんなマーケティング活動も薄れてしますのか?また、それをどう作るのか?ということを図解で丁寧に解説していくので、体幹的に分かります。

 

日々様々な方法で知ってもらう努力をする

 

どんな事業・商売、まぁなんでもですが、人は知って買って使ってファンになります。知らないと買えもしないし、買って使わないとファンにもなれないですよね。先ずは知って興味を持ってもらうところから。

 

 

そんなこんなで、色んな方法を使って知ってもらう為の努力をします。例えば・・・

  • ブログ
  • チラシ
  • 名刺交換
  • 交流会参加
  • 看板・ポスター
  • イベント主催
  • Youtube発信
  • SNS発信
  • プラットフォーム登録
  • 紙やWebの広告
  • クラウドファンディング
  • その他いろいろ

 

何をするのもラクじゃないですよね。時間も労力もお金も使って、頑張って発信して知ってもらう頑張るわけです。知ってもらって興味をもっておらうコストが一番かかります。

 

でもこれって、お客様の立場から見たときどうなんでしょうか?

 

同じような情報に埋もれる

 

実は情報を発信をしているのは、世の中にあなただけではなく、色んな立場の人が、色んな思惑で、色んな方法を使って発信・宣伝・PR活動をしています。(知ってる)

 

同じようなキャッチコピーを使って、同じような媒体・ツールを使って、同じように発信活動を頑張っている訳です。上の図解のように埋もれてしまって、どれがどれだか分からんですよね。

 

その中で、自分たちよりちょっと発信が上手な人に持っていかれちゃうわけです。 自分たちのサービスの方が品質がいいのになぁ…とか思っても(それが事実でも…)、お客様にそれが伝わってなければ残念ながら無いのと同じです。

 

では、どうすれば良いのか・・・?

 

USP・差別化コンセプトが大事

 

その答えがUSP・差別化コンセプトを作ろうと言うことです。簡単に言うと、お客さんから見たときに「一撃で伝わる競合じゃなくて自分を選ぶ理由」になるものです。

 

それがあれば、図解のようにお客様の目に触れるあらゆる媒体・ツール・活動に転用することができるので、より効果的に見つけてもらい、知ってもらい、興味をもってもらうことができます。一撃でどう良いかが分かるので、お客様が自分の知人・友人・家族にも紹介しやすく口コミも生まれやすくなります。

 

 

現実問題、ほとんどの事業がこういったUSP・差別化コンセプトがないままガシガシ活動してたりするので、そういった市場ではどんなに競合が多くてもものの数ではありません。

 

じゃ、そういった差別化コンセプトをどう作るのか?それが気になるところですよね。

 

3つを特定する

別の記事1本分くらいになるので、さわりだけお伝えしときます。

 

どんな市場にも強者というものがいて、同じことをやって、同じことを発信しても勝てないのは自然の摂理ですよね。そこで『戦略』の考え方が重要になります。 戦略とは「戦」いを「略」すると書くように、そういった市場の強者と真っ向勝負を避けて勝つための考え方です。

 

 

小難しい言葉で、どうのこうの理論を解説してもよー分からんし、読むのもしんどいと思うので、3つを特定しましょう!とだけ言っておきます。

 

  • 特定の人に(ターゲット)
  • 特定の価値を(ニーズ)
  • 特定の強みを(差別化)
    活かして提供する

 

・・・という考え方です。

世の中には色んな戦略理論がありますけど、どんな戦略理論でも本質的に言ってるのはこの3つを特定しましょう!ってことです。

 

 

う~ん。

やっぱりよく分かんない解説になってしまったので、ちゃんと知りたい方は、ちゃんと図解とか動画で解説している市場弱者の戦略!戦わずして勝つ考え方を図解で解説してみた!という記事をちゃんとご参考いただければと思います。

 

 

この記事のまとめ

いかがでしたか?

世の中には同業種のライバル・競合や、別の業種で同じ価値を提供してライバル・競合がたくさんいます。みんなかなり頑張って活動しています。同じやり方・同じ発信をしても、本当に埋もれます。全然見つけてもらえません。

 

だからこそ、一度、遠回りになっちゃうんですが立ち止まって自分の事業・商売、商品・サービスのUSP・差別化コンセプトを練ってみる時間をとってみてください。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
久 野 高 司
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。