日本一やさしい戦略的マーケティングの実践教科書BLOG

【動画】図解で解説!ゴールデンサークル理論で共感的に伝わる伝え方

 
この記事を書いている人 - WRITER -
久 野 高 司
詳しいプロフィールはこちら

どうも~! 働くすべての人が使える『みんなのマーケティング論』を研究し、中学生にも分かるコトバと事例で発信している ひさの@kachi_kobo) です! 今日も動画の更新情報です!!

ひさの

 

「何をするか?」ではなく「何故それをするか?」に人は感情を動かされます。この動画では、図解と事例を使いながら、共感を得て伝わりやすい伝え方について解説します。

 

この動画を見ると分かること
この動画では、ゴールデンサークル理論の考え方を具体的な商品・サービスの紹介で転用する場合にどうすれば良いか、図解を使って分かりやすく解説しています。

 

以下のような方におすすめです。

  • 複雑な価値を提案しなければならない
  • 一生懸命伝えているのに、分かってもらえない
  • ゴールデンサークルの具体的な使い方を知りたい

 

ゴールデンサークル!コトより想いを伝えよう

※再生速度を変えたい場合はコチラ参照

 

「何をするか(商品・サービス)」というのは、目に見えて伝わりやすい分、お客様に刺さらず伝わりません。論拠を深く、「どうやるか(具体的方法・強み)」、「なぜやるか(理念やミッション)」から伝えてあげることで、共感的に伝わり、刺さりやすくなります。

 

 

個人・小規模事業の場合には更に、「個人的な原体験」まで深く深く掘り起こして伝えてあげることで、より深く共感し伝わるようになります。詳しくは動画でどうぞ!!

ひさの

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
久 野 高 司
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です