社会人の教養!実戦的マーケティング思考の教科書ブログ

【動画】心理的メカニズムを解析!ファンを作るために期待を裏切れ!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
久 野 高 司(Qちゃん)
詳しいプロフィールはこちら

どうも~! 働くすべての人が使える『みんなのマーケティング論』を研究し、中学生にも分かるコトバと事例で発信している ひさの@kachi_kobo2) です! 今日も動画の更新情報です!!

ひさの

 

商品・サービスを手にする前の期待と、実際に手に取り体感した価値には差があります。購入する前にお客様抱いた 期待を、良い意味で裏切ることで、ファンになっていただくことができます。

 

今回は事前に「期待した価値」と、「実際に体感した価値」を便宜上、数値に置き換えることで、良い意味で期待を裏切った場合、期待通りだった場合、期待ハズレだった場合の、お客様のファン化の状態を解説してみました。

 

この動画を見ると分かること
この動画を見れば、「品」か「人」でお客様の期待を良い意味で裏切ることによって、ファンになる心的状態を数値化して分かりやすく解説しています。

 

ファンを作るために期待を裏切れ!

※再生速度を変えたい場合はコチラ参照

 

お客様がファンになる理由は様々ありますが、それらは大別すると2つしかありません。「品」に対する期待を大きな価値で上回るか、「人」に対する期待を大きな価値で上回るかのどちらかです。

 

 

事前に期待した価値に対して、実際に体感し得た価値に対して、どれくらい満たすかということを数値化して考えてみました。期待通りでも、期待ハズレでもダメで、期待以上の価値を提供することが重要になります。

 

また、期待を予め下げておくことも考えられますが、期待感が弱いとそもそも購入しようという気が起こらないので、期待値を下げて宣伝・PRすることはオススメしません。

 

 

詳しは動画でどうぞ!

ひさの

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です