意識と行動を変える日本一やさしい戦略的マーケティングの実践教科書

筆者プロフィール

久野  高司 – Takashi  Hisano –

  • 強み・差別化の専門家
  • 日本一やさしいマーケティング講師
  • 小規模事業マーケティングの研究家
  • 国家資格キャリアコンサルタント

強みを活かして、らしく楽しく働ける人を増やすために、企業研修・セミナー等でマーケティング理論・戦略論を専門用語を一切使わずに、分かりやすく中小企業や起業家にお伝えしています。

 

みんなのマーケティングBLOGにご訪問いただき、どうも有難うございます。この仕事をはじめた経緯や、僕がどんなことを考えていて、どんな人間なのか、知っていただきたくて、プロフィールを書いてみました。良かったら最後までお付き合いください(^^)

ひさの

序章・幼少期から学生時代

1984年、北海道で生まれ。4歳で京都へ引っ越し、18歳まで京都の片田舎で育ちました。

 

「お金がない!もっと節約するよ!」

 

物心ついた時からそう言われ続ける家庭で育ちました。子ども心に「周りの子よりもウチは貧しい家庭」ということを理解し、欲しいものがあっても欲しいと言わず、自分で自分を納得させるそんな少年時代でした。

 

「お金がないことが恥ずかしい」というコンプレックスを隠し、誰とでも一歩距離を置いて接するようになってしまい、小中高では残念ながら「一生の親友」と呼べるような友人は結局できませんでした。

 

閉塞的な家を出たくて、高校卒業後は奨学金とアルバイトで、静岡の大学に入学し、共同生活の学生自治寮での生活を開始。そこでは、僕のちっぽけなコンプレックスなど、どうでも良くなるくらい至近距離な人間関係と、大学生ならではのおバカなテンションのお陰で、本当に本当に楽しい大学生活を過ごせました。

 

学生寮の思い出

 

この仕事を始めたきっかけ

 

さて、そんな僕は今、研修やセミナーを通して、中小企業や個人事業に対して、分かりやすく誰でも実践できるマーケティングの考え方を広める仕事をしています。

 

その原動力であり、一番根っこにあるのは、

強みを活かして、仕事をらしく、楽しきたい!そういう人を増やしたい!という想いです。

 

もちろん、最初からそんなことを考えていた訳ではなく、そんな想いを持つようになった「体験」と「3つの教訓」がありました。それは、大学卒業後、社会人1年目まで遡ります。

 

自分が何なのか分からない・・・

楽しい大学4年間を過ごした僕は「静岡大好き!静岡サイコー!静岡で働く!」と、ロクに考えもせずに静岡に本社を置く機械レンタル商社に入社しましたが、わずか1年で退社。

 

「ほぼ静岡配属になるよ!」と言われ入社したはずが、気づけば愛知県の片田舎で営業していました(笑) 仕事は、建設現場への飛び込み営業が中心で超苦手。でも、上司はもっと苦手な高圧的なお人。顧客の前で怒鳴られ空気が凍り、定時過ぎてから日報を提出し、数時間立ったまま絞られる日々・・・

 

本当にツラくて、何のために働いているのか?自分が何をしたいのか?一体何者なのか?も分からなくなり、日々消耗し、気力も枯渇し、職場では挨拶もまともに出来なくなっていました。

 

そのような「自分らしさ」とは真逆の状態から、以下のことを教訓として学びました。

僕が得た教訓 その1
自分の強みが活きないと、自分らしさが殺される

 

環境が変わると強みが活きた!

その頃から、「自分らしく働いている人」に惹かれ、憧れ、自分もそれを目指すとともに、そういった人を増やしたいと考えるようになりました。そこから、人のキャリアに触れる仕事に興味を持ち、縁あって神奈川県のエンジニア派遣の会社に転職。

 

その会社では、同僚にも顧客にも恵まれ、リーマンショックの真っ只中にも関わらず、順調に成果を上げて、3年目には九州支店の立ち上げを任され、営業所長に抜擢。営業以外にも多岐にわたる仕事に携わることが出来ました。

 

同じ法人営業でも1社目とは比べ物にならないくらい楽しく、結果を出すことも出来て、こんな教訓を得ることができました。

僕が得た教訓 その2
自分の強みは環境次第で、評価が大きく変わる

 

想いだけでは空回るだけ・・・

その後、組織では出来なかった「50~60代の熟年エンジニア」の支援をしたいと、28歳の頃に法人起業しましたが、現実は想像よりも遥かに厳しく、思うようには回りません。

 

3ヶ月が過ぎ…半年が過ぎ…1年が過ぎ…だんだん赤字が積み重なり、焦りが募る一方で、営業以外にも様々なことを貪欲に学び、実践。その中で『マーケティング』の考え方に出会い、のめり込むように学び、2年目の中盤にはやっと少しずつ成果が現れはじめました。

 

ここまでの経験で、

  • 「自分の強みが活きないと、自分らしさが殺される」
  • 「自分の強みは環境次第で、評価が大きく変わる」

 

を教訓として学んでいましたが、ビジネスとして強みを活かして成果を出す方法が分かりませんでした。個人でも企業でも同じで、強みとは評価する相手があってのものであり、起業に挑戦した経験から3つ目の教訓を得ることができました。

僕が得た教訓 その3
強みを活かす為には、マーケティングの考え方が必要

 

マーケティングの道へ

赤字の累積で経営的に微妙に厳しかったこともありますが、それ以上にマーケティングをもっと本格的に学びたい!仕事にしたい!という気持ちから、法人を休眠化。

 

個人事業とパラレルワーク(複業)をしながら、本格的にマーケティングの研究をし始め、ステキな出会いや、貴重な機会にも恵まれました。

 

【マーケティングに関する実践・研究・その他】

  • ウン十万払い某協会等で体系的に学ぶ
  • 人事マーケターをメンターとして師事
  • 法律事務所の社内マーケティング担当
  • コンサル会社のマーケティング責任者
  • 他社のコンサルティングを受けてみる
  • セルフブランディングの研究会を発足
  • マーケティング勉強会の朝活を主催
  • 会合に呼ばれ講演・セミナーを実施

 

日本一やさしいマーケティング

マーケティング理論は様々ありますが、僕は特に「戦略BASiCS」理論で有名で、著書も多数出されている佐藤義典先生の戦略理論が大好きで、もっとも研究してきました。

 

研究資料の一部

 

佐藤先生は、経営戦略・マーケティング戦略は経営の道具・・・・・であり、大企業やコンサルタントだけが使えば良いものではない!とし、難しい理論を嚙み砕き、分かりやすく使いやすい道具として普及されており、非常に共感し、尊敬している方の一人です。

 

自分の体験から得た

  • 「自分の強みが活きないと、自分らしさが殺される」
  • 「自分の強みは環境次第で、評価が大きく変わる」
  • 「強みを活かす為には、マーケティングの考え方が必要」

 

というような教訓と結びつき、 強みを活かして、仕事をらしく、楽しきたい!そういう人を増やす為には、大企業が使うような既存の難しい理論ではダメだという結論に至りました。

 

10歳の子でも理解できるレベルのシンプルで実戦的な日本一やさしいマーケティング理論を目指して、3年以上、研究・実践・思考錯誤を繰り返した末に「久野式・戦略5原則」を考案しました。

 

そして、現在は・・・?

 

現在は、研修やセミナーを通して、マーケティングに苦手意識のある方や、知識ゼロの中小企業の経営者や幹部・一般社員に向けて、マーケティングや戦略論の考え方を広める活動をしています。

 

特に、戦略5原則は 「自社の活動の中で、戦略をブラッシュアップさせ続けることが出来て、シンプルで全社で共有できる」と多くのお客様にご評価いただいております。

 

自分達で考えるチカラをつけて実戦で使えるということを主眼に置いているので、基本的には個別コンサルティング等はお請けしないスタンスでやっています。

 

一部ですが、お客様からは以下のようなお声もいただいております。

 

■ お客様の感想(一部)

  • 久野さんの戦略5原則はとにかく分かりやすく、実践しやすい!客層がガラっと変わってストレスがなくなった。
  • 「お客様の視点」で強みを考えることができ、Webページに反映したことで、上客の集客に困らなくなりました。
  • 顧客に刺さる商品が作れたので、まったく取れなかった新規顧客が楽にとれるようになった!商品って大事ですね!
お客様の業種例
セミナー講師、Webマーケティングコンサルタント、集客コンサルタント、人事コンサルタント、士業、バックオフィス支援、ソフトウェア開発、福祉系社団法人、Web制作、イラストレーター、コーチ、カウンセラー、セラピスト、保険代理人、ファイナンシャルプランナー、リラクゼーション、人材派遣、ネット通販、卓球場、部品メーカー、物流会社、商品設計プランナー、アパレル商社  等々

 

僕が目指すこと・ミッション

どんな時代も、規模に関わらず、お客様の立場にたち、お客様に喜ばれる商品・サービスを提供している商売は繁盛しています。

 

その為の考え方・方法論を体系化したものを『マーケティング』と言いますが、まだまだ一部の専門家や大企業が使うものでしかありません。学んでも断片的になってしまったり、形骸化してしまうことが常です。

 

すべての人が、「強みを活かして、らしく働く」ために、すべての商売にマーケティング思考を届けたい!!その為には、既存の難しい理論ではなく、取っつきやすく実践しやすいシンプルな理論が必要です。

 

だから、商店街のおっちゃんも、サロンのお姉様も、第二の人生で起業するじいちゃんも、専門知識がなくても理解できて、楽に実行できる「みんなのマーケティング」を普及したい思い、戦略5原則を考案しました。

 

今後は、「戦略5原則」を多くの中小企業・個人起業へ広め、法人も個人も「強みを活かして、らしく楽しく」働ける人を増やしていきたいです!

 

おまけ

  • 1984年12月28日 23時45分産まれ
  • 北海道帯広市に産まれ、京都市で4~10歳まで過ごす
  • 阪神大震災で住居の壁が壊れ、亀岡市に転居し、18歳まで過ごす
  • 19歳~22歳まで静岡市の大学へ在籍し、入った学生寮が超楽しかった!
  • 趣味は日本国内で旅行することで、3年前に全県踏破!!
  • 日本100名城を集めて、現在80城超え。・・・別に、城好きという訳ではない。
  • 大学4年から本格的にビリヤードを練習し、運だけで2度全国大会へ。運だけで。
  • ジブリの「魔女の宅急便」で泣ける(誰も共感してくれない)
  • 妻と子ども2人で、愛妻家。奥さん大好き。
  • 性格は、マジメで几帳面な適当野郎。ほぼ怒らない。時々、人見知りする。
  • 苦手なタイプは、高圧的な人。ネガティブな言葉ばかり並べる人。
  • 思考整理・情報整理と体系化が得意だが、自分のことは本当にポンコツ。

 

長々と書いちゃいましたが、少しでも僕の考えていること、人間性が伝わっていれば嬉しいです。最後まで読んで下さって有難うございました!

ひさの