日本一やさしい戦略的マーケティングの実践教科書BLOG

【動画】3つの差別化軸!商品の品質で差別化する戦い方を徹底解説!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
久 野 高 司
詳しいプロフィールはこちら

どうも~! 働くすべての人が使える『みんなのマーケティング論』を研究し、中学生にも分かるコトバと事例で発信している ひさの@kachi_kobo2) です! 今日も動画の更新情報です!!

ひさの

 

差別化の方法・パターンは大別すると3種類しかありません。安く便利に提供するか?高くても最高品質を提供するか?顧客の要望に柔軟に対応するか?のどれかです。

 

今回の動画ではその中の一つ、商品の品質で差別化する『商品軸』の戦い方について、解説していきます。どんなターゲットのどんなニーズを、どんな商品・価格・流通経路や販促方法で満たすか?また、どんな人材やどんな投資を行うかまで分かりやすく解説していくので、是非ご参考にされてください。低価格帯の商品・サービスであっても商品軸というのは存在するので、高額商品ではない業種業界の方にもおすすめです。

 

この動画を見ると分かること
この動画を見れば、商品の品質で戦うための具体的な方法が分かります。また、差別化軸の選択は、人事労務や財務にまで影響するという戦略の一貫性についても分かるように解説しています。

 

商品の品質で差別化する戦い方

※再生速度を変えたい場合はコチラ参照

 

商品軸の提供する価値の質は、『最高品質・最新技術の商品を提供』という厚利少売のモデルになります。重要なポイントとしては、沢山の人に売って陳腐化してしまうことを防ぐために、販路を限定し、供給量を絞って特別感を演出することが必要です。広告販促もポップな感じではなく、上質で高級感のある黒やゴールド系のものが好まれます。

 

ターゲット設定も、とにかく良いモノ、新しいモノを好む革新層になります。この層が求めている価値は、高くても、待ってでも、最高のモノを手に入れたいということですので、それに従った商品設計や集客設計、人事戦略や財務戦略を連動させていくことになります。

 

 

詳しは動画でどうぞ!

ひさの

 

動画の中でご紹介した本。3つの差別化戦略の考え方が詳細に分かりやすく書かれている佐藤義典氏の『経営戦略立案シナリオ』も良かったら読んでみてください。前回の入門書『ドリルを売るには穴を売れ』より実務寄りですが、分かりやすく実践的に書いてあり経営者の方、事業部門長レベルの方に特にオススメです。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
久 野 高 司
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です