日本一やさしい戦略的マーケティングの実践教科書BLOG

【動画】100円珈琲は強み?お客様が比べているのは価格か価値かどっち?

 
この記事を書いている人 - WRITER -
久 野 高 司
詳しいプロフィールはこちら

どうも~! 働くすべての人が使える『みんなのマーケティング論』を研究し、中学生にも分かるコトバと事例で発信している ひさの@kachi_kobo) です! 今日も動画の更新情報です!!

ひさの

 

お客様は「価値」として「価格」の分の代金を払っています。価格が安ければ強み=選ばれる理由になることもありますが、ならない場合もあります。安易な値下げは自分の首を絞めるだけで、集客には寄与しないこともあるということを解説しています。

 

この動画を見ると分かること
この動画では、お客様は「価格」を比べているのか?「価値」を比べているのか?どちらを先に比べているのか?どちらが重要なのかということが分かります。これによって、無駄な値引きをしなくても良いということが分かります。

 

以下のような方におすすめです。

  • 価格を下げようか迷っている
  • お客様の期待する価値が分からない
  • 値下げせずに、顧客満足度を上げたい

 

100円珈琲は強みになるか?

※再生速度を変えたい場合はコチラ参照

 

「仕事の打ち合わせに使いたい」と期待し、そういう使い方が出来るということに価値を感じているお客様に対しては、100円珈琲が強みになるのは、ずっと後です。同じくらい使い易い場所があった場合に、初めて比較の材料になります。まずは、「価値」を比べて「価格」を比べるのは後ということですね。

 

 

大まかな予算感はあったとしても、「価値」ありきでサービスを選ぶので、まずはお客様が期待する価値にしっかりとお応えしましょう!詳しくは動画でどうぞ!!

ひさの

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
久 野 高 司
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です