日本一やさしい戦略的マーケティングの実践教科書BLOG

【動画】お客様視点で何屋さんか考えていますか?事業再定義の重要性

 
この記事を書いている人 - WRITER -
久 野 高 司
詳しいプロフィールはこちら

どうも~! 働くすべての人が使える『みんなのマーケティング論』を研究し、中学生にも分かるコトバと事例で発信している ひさの@kachi_kobo) です! 今日も動画の更新情報です!!

ひさの

 

あなたは、お客様から見て何屋さんですか? お客様は商品・サービスを購入しているわけではなく、価値(嬉しさ・便益)を購入しています。

 

つまり、目的は価値を得ることであり、その手段として商品・サービスを購入しています。 お客様の視点で事業の軸・方向性を定義することによって競合・強み・商品・価格設定・PR方法、販売方法などすべて変わります。

 

この動画を見ると分かること
この動画を見れば、お客様から見て何屋さんか定義することの重要性と、どのように定義すれば良いかが分かります。事業の方向性がブレてる、軸がないと感じている経営者さんにオススメの内容です。

 

お客様視点で何屋さんか考えていますか?

※再生速度を変えたい場合はコチラ参照

 

お客様は商品・サービスそのものではなく、それによって得られる価値(嬉しさ・便益)を買っているので、僕たちが売っているのも価値(嬉しさ・便益)です。つまり、すべての商売は『価値屋さん』ということになります。

 

お客様が期待している価値、買っている価値は何かを考えることによって、お客様視点で何屋さんか定義することができるようになります。

 

 

お客様の価値が鮮明に見えていなければ、具体的に定義することができません。「あなたは何屋さんですか?」というのは、非常に核心的な質問ですね。詳しくは、動画でどうぞ!!

ひさの

 

この記事を書いている人 - WRITER -
久 野 高 司
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です