日本一やさしい戦略的マーケティングの実践教科書BLOG

【動画】マーケティング活動って、まるで「木」のようだというお話

 
この記事を書いている人 - WRITER -
久 野 高 司
詳しいプロフィールはこちら

どうも~! 働くすべての人が使える『みんなのマーケティング論』を研究し、中学生にも分かるコトバと事例で発信している ひさの@kachi_kobo2) です! 今日も動画の更新情報です!!

ひさの

 

木が大きく育つには、枝葉も重要ですが、それ以上に根幹(根っこと太い幹)が必要になります。マーケティング活動も同じで、根っこや太い幹が重要です。今回がマーケティング活動を木に例えて考えてみたいと思います。

実際の木の成長と共通点も多く、成長し続けるためには、枝葉の部分ではなく、根幹が重要になる理由がよく分かる内容になっています。これから、事業を作る方、事業の方向性を見つめなおしている方にお勧めの内容です。

 

この動画を見ると分かること
この動画を見れば、難しく複雑なマーケティング活動を木に例えて考えれるので、感覚的に何が大事で優先すべきかがよく分かります。

 

マーケティング活動は木のようだ

※再生速度を変えたい場合はコチラ参照

 

マーケティング活動を木に例えるなら、経営理念は木の根っこになります。次に誰に・何を提供するか(どんな人に、どんな風に喜ばれる事業をするか)という戦略が、木の幹にあたります。これらの根幹が弱いと、大きくなればなるほど、倒れやすく危険です。

 

枝葉の部分にあたるのは、目に見える施策(商品・サービス、価格設定、顧客との接点、情報提供)である戦術です。概念である戦略に対して、戦術はカタチあるものなので戦略を忘れて引っ張られてしまうことが多くなります。また、根から幹、枝葉が一貫して育った結果、実を結ぶという点でも木と同じですね。

 

マーケティング活動をわざわざ木に見立てる必要は無いっちゃ無いんですが、誰かに説明したり共通認識を作るうえではイメージしやすいと思ったので作ってみた!そんな動画でした(笑)

 

 

詳しは動画でどうぞ!

ひさの

 

この記事を書いている人 - WRITER -
久 野 高 司
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です