日本一やさしい戦略的マーケティングの実践教科書BLOG

【動画】強みには2種類ある。お客様にとって意味のある強みを使おう!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
久 野 高 司
詳しいプロフィールはこちら

どうも~! 働くすべての人が使える『みんなのマーケティング論』を研究し、中学生にも分かるコトバと事例で発信している ひさの@kachi_kobo) です! 今日も動画の更新情報です!!

ひさの

 

強みとは『目的に対して有効に働く要素』のことです。ビジネスにおける目的とは、お客様に選ばれて価値提供し、利益を得ることです。その視点で考えた場合には、「意味のある強み」と「意味のない強み」があるということを図解を使って分かりやすく解説してみました。

 

この強みを理解しておかなければ、間違った強みをお客様に訴求してしまって、疲弊してしまうことに繋がります。『お客様にとって意味のある強み』を訴求するための考え方をご紹介しています。

 

この動画を見ると分かること
この動画を見れば、強みには2種類あって、どちらがお客様にとって重要なのかが分かります。

 

お客様視点で競合を考えよう!

※再生速度を変えたい場合はコチラ参照

 

ストリングスファインダーや強み発掘と呼ばれるものは、ほとんどの場合、「お客様にとって意味のない強み」です。お客様が何かのニーズを満たしたいときに、自分事として嬉しい(価値のある)もので、選ぶ理由になるものが「意味のある強み」です。

 

 

意味のない強みといっても、それはお客様にとって意味のないというだけであり、中長期的には非常に重要な資源になります。今回の動画では、その点には触れていませんが、2つの強みは、『役割が違う』ということだけ覚えておいてください。

 

 

 

詳しくは、動画でどうぞ!!

ひさの

 

この記事を書いている人 - WRITER -
久 野 高 司
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です